間取り別家具レイアウト例

ワンルームから1LDK・3LDKなどお部屋の間取りは様々。
気に入ったお部屋でどうやってこれから過ごしていくか、わくわくしますよね。
でも、ふと思う事は「どうやって家具を配置しようかな」という気持ち。

そう、間取りも様々であれば家具をどうやって配置するかも未知数。
ここでは、元インテリアショップ店員でお部屋の相談を100件以上経験がある
登喜和スタッフが家具のレイアウト紹介をします。

あくまでも一例にすぎませんので、参考程度に見ていただけると嬉しいです。
【間取を知ろう】で間取について詳しくご紹介しています。

1R
縦長の広さを活かしました

1Rはキッチンと居室の間に仕切りのないお部屋。
仕切りがないお部屋は圧迫感をなくして開放的に使えるレイアウトにしました。
動線上も家具を置かずに配置することでお部屋をより広く開放的に見えます。

キッチン近くには1人用のテーブルを置いて、パソコン作業や食事をするのも○
バルコニー側にはベッドやテレビを設置してくつろぎスペースをしっかり確保
ベッド近くに収納家具を置くコトで、プライベート空間を確保してお友達を招いても安心。

1K
正方形のお部屋はL字に配置

キッチンと居室にドアで間仕切りがありますが、ドアが多いのが難しい所。
こんなコンパクトなお部屋は壁を有効活用しましょう!

窓側は一休み空間でお気に入りのクッションやラグを敷いて
ベッドやデスクはあえて入口側に設置することで、オンオフの切り替えに工夫
1人でも友達と一緒でも過ごせる空間です。

1LDK
1人でも2人でも叶う空間

人気の高い1LDKは、1人でも2人暮らしでも暮らしやすい空間。
そんな空間は、ちょっとした工夫がお部屋を豊かにしてくれます。

憧れのカウンターキッチンは自分で作っちゃおう!!
腰ぐらいの高さのキッチンボードを設置して、隣にはダイニングセットを。
この配置なら料理の盛り付けなどがスムーズにできそう。

窓が多い奥の空間には、大きいソファとテレビ台を設置して自分だけの時間を。
反対にソファを出窓側にしたら、テレビの設置はやめて今はやりのホームプロジェクター。
壁に映して休日前の映画鑑賞やライブ鑑賞も贅沢な空間に早変わり。

2DK
2人だけの別空間を

夫婦の形や親子の形、様々な暮らし方が実現。
ダイニングスペースはみんなの場所だけど、各居室は完全仕分け。

一部屋づつお互いの寝室でライフスタイルが違う空間を実現。
洋室は衣装部屋にして、和室を寝室にするのも悪くないですね。

お子さんだって自分の部屋が欲しいもの。
大人と部屋を分けた独立も視野にいれておきましょう。

2LDK
リビング小さめでも過ごしやすい空間

思い切った空間づくりもいいかもしれません。
あえてダイニングとリビング空間を切り分けずに。

リビングダイニングセットを設置して、団らんスペースを準備。
食事も会話も1ヶ所で楽しむことが出来ます。
しっかりと家事動線も確保して、洗濯物も思い切り干しちゃいましょう。

ベッドにデスクで子供部屋の確保。
夫婦の寝室にはドレッサーを置いてもゆったりです。

3LDK
家族の大切な場所

リビングの隣には大きな和室や洋室があることも。
子供が小さいうちはそこでお布団敷いて川の字で寝ましょう。
仕切り戸は常に開放、お休みの時は閉めて。

大きくて広いダイニングテーブルを設置して家族会議をしませんか?
次の旅行はどうしようか、あの時こんな思い出があったね。
そんな会話が聞こえてきそうな空間です。

最後に・・・

いかがでしたでしょうか?
あくまでも参考なので、絶対ではないし答えはないもの。
同じ間取りでも、使いたい家具や過ごし方は「十人十色」だから、
こだわりの家具を設置したり趣味の部屋、子供部屋、書斎なんでもOK

ぜひあなただけの空間の参考になれば嬉しいです。

次ページは【効率的に引っ越しダンドリ】

その他類似ページもご覧ください。



お部屋探しガイドカテゴリの最新記事