間取りを知ろう

お部屋探しには、間取から探すことも多く、一口に間取りと言っても種類は多数。
間取別のメリットやデメリットを知ることで、理想の暮らしを実現することが可能となります。

人気の間取りから、暮らし方によっての違いなどもあわせて知っておきましょう!

シングル向き「1R、1K、1DK」って?

一人暮らしに多い間取1R、1K、1DKですが、暮らし方によっておさえておきたい間取です。

1R「ワンルーム」

名の通り1つの部屋で、キッチンと居室に仕切りがなく、一体化している間取です。
お部屋の中にキッチンがあったり、玄関にいくまでの間にキッチンがあったりします。
比較的お家賃がお安めの設定が多いので、料理されない方や家賃を抑えたい方におすすめです。

■メリット
・ お部屋全体に冷暖房が行きわたりどこにいても快適
・ 仕切りがないことで、家具のレイアウトなどが配置しやすい
・ 開放感がある

■デメリット
・ 料理される方には臭いが居室に充満してしまうことも
・ 冷暖房の効きが非効率になる
・ 来訪など玄関から居室まで見えてしまう

1K「ワンケー」

キッチンと居室が分かれているタイプでキッチンの広さは6帖以下である間取
シングルタイプでは最もこのタイプが多く、居室は6帖~8帖が一般的です。

■メリット
・ キッチンと居室が仕切られているため、ニオイを居室へ防げます
・ 来訪があっても居室がみられない
・ 冷暖房効率が良い

■デメリット
・ 扉や仕切りにより、家具レイアウトがしにくい
・ 居室部分のみだと圧迫感がある
・ 玄関・水周りの寒暖差がある

1DK「ワンディーケー」

1Kと同じくキッチンと居室が仕切られている間取。キッチンスペースは6帖から9帖とダイニングを兼ねたスペースであることを表します。
1Kよりキッチンスペースが広いため、ダイニングテーブルを置いたり、食器棚を置いたりと食事や料理がしやすく、料理をされる方や、寝室と食事スペースを分けたい方におすすめです。

ふたり暮らし向き「1LDK、2DK、2LDK」って?

1LDK「ワンエルディーケー」

約10帖くらいの広さからLDKと表します。
ダイニングテーブルやソファーを置いて、家族やカップルなどくつろぎの空間になります。
近年ではLDKの需要が高く、新婚さんやカップルの方に人気の間取です。

■メリット
・ LDKで食事や団らんスペースとしてつかえる
・ キッチンに立ちながら、会話が楽しめる空間ができる
・ ベランダに面したLDKが多く、明るく開放的

■デメリット
・ 2人で在宅ワークの場合など、部屋を分けることができない
・ 一人の時間が造りづらい
・ 料理のニオイが広がりやすい

2DK「ニーディーケー」

一般的に築20年~30年くらいに流行った間取のため、広さの割りに家賃がお安めです。
近年在宅ワークなどで部屋を分けたい需要がありますが、そういったニーズにピッタリです。
DKの広さが6帖から9帖であり、6帖の形によってはダイニングテーブルが置けないため、食事スペースとして利用できないケースもあります。

■メリット
・ キッチンと居室が分かれておりニオイを居室へ防げます
・ 在宅ワークなど1人1部屋の空間として利用できます。
・ 冷暖房効率が良い

■デメリット
・ 食事するところとくつろぐ空間が分かれてしまい、使いずらい
・ キッチンにエアコンが設置できないケースが多い
・ 一つづつのお部屋が狭く圧迫感がある

2LDK「ニーエルディーケー」

ふたり暮らしではかなり広く快適な空間となります。
ぞれぞれの部屋として居室部分を使用したり、1室を寝室・1室を荷物置き場としても使用することができます。

■メリット
・ くつろぎ空間とそれぞれの部屋としてわけることができます
・ 在宅ワークなど1人1部屋の空間として利用できます
・ 荷物の多い方でも広さがあり、たくさん入れられます

■デメリット
・ 1LDK・2DKに比べて家賃が高いことが多い
・ 人気の間取で物件数が少ない

ファミリー「3DK、3LDK」って?

3DK「サンディーケー」

一般的に築20年~30年くらいに流行った間取のため、広さの割りに家賃がお安めです。
近年在宅ワークなどでお子様の居る部屋と分けたい需要がありますが、そういったニーズにピッタリです。
お子様のおもちゃ部屋などに分けることがことができ、扉の開け閉めで色々な使いたい方ができるのも〇

■メリット
・ 賃料がお安め
・ 在宅ワークする方は家族いる空間とわけられる
・ 荷物の多い方でも広さがあり、たくさん入れられます

■デメリット
・ キッチンが壁向きタイプが多いため、お子様をみながらキッチンに立てない
・ DKが部屋の真ん中にあるタイプが多く、暗い印象

3LDK「サンエルディーケー」

ファミリーでは広く快適な空間となります。
LDKがベランダに面しているタイプが多く、家族団らんが明るい空間に

■メリット
・ 対面キッチンが多く、家族団らんやお子様をみながら家事ができます
・ 在宅ワークする方は家族いる空間とわけられる
・ 開放感のあるLDKで家族団らんが楽しめます

■デメリット
・ 3DKよりも家賃が高め

お部屋探しガイドカテゴリの最新記事